Fromagerie Alpage
チーズ専門店
アルパージュ

---------------------(以下メールニュースの内容)--------------------- 一覧に戻る

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆2018.09.23◆

 

  チーズ専門店 アルパージュからのお知らせです。

 

  Fromagerie Alpage  https://alpage.co.jp/www/

  Facebook www.facebook.com/FromagerieAlpage

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

皆様のおかげでアルパージュは18周年をむかえることができました。

季節ごとのチーズの楽しみ方や、皆さまに喜んで頂けるような

新しいチーズをご紹介していきたいと思います。

どうぞよろしくお願い申しげます。

 

           アルパージュ スタッフ一同

 

 

今回のご案内メニュー

 

1.チーズカフェ、セールやプレゼント 9月29日(土)、30日(日)

2.モン・ドールの入荷

3、初秋のアルプス

 

 

----------------------------------------------------------

 

 

●18周年チーズカフェ 9月29日、30日

 

秋のチーズカフェはアルプスのチーズや国産チーズを中心とした当店人気の

チーズを約30種ご用意いたします。

 

◆チーズの盛り合わせ ¥700(3種)¥1000(5種)

 

・ボーフォール・シャレ・ダルパージュ

・アボンダンス・農家製

・トム・オゥ・フォアン

・トム・デ・ボージュ

・トム・オゥ・マール・ド・レザン

・トメット・ド・シェーヴル・デ・ボージュ

・モルビエ・レ・クリュ

・カレ・ド・ブルビ

・ブルー・ド・ジェックス

・ロックフォール・ガブリエル・クーレ

・ロックフォール・イヴ・コンブ

・エズィー・サンドレ

・リヴァロ・レ・クリュ

・モン・ドール

・茶臼岳

・カレ・ド・ラヴォンド・シェーヴル

・ブルーチーズ(アトリエ・ド・フロマージュ)

・アネペツ

・二世古 ミモレット もみじ

・鶴居チーズ ゴールドラベル

・牧場の想い(カマンベール)

他全約30種

 

◆ワイン \500/グラス~ 紅茶の用意もございます。

 

◆お買い上げ2000円以上で、縞柄の可愛い保冷バッグのプレゼントがあります。

・オンラインショップ 9月23日~9月30日 

・店頭         9月29日~9月30日

 

◆セールもあります。

・オンラインショップ 9月23日~9月28日

・店頭        9月29日~9月30日

 

◎ブリ・パストリゼ \530/100g(通常\660)

◎カンタル・アントゥル・ドゥー \731/100g(通常\660)

◎ボーフォール・シャレ・ダルパージュ \1111/100g(通常\660)

◎ゴルゴンゾーラ・ピカンテ \641/100g(通常\660)

 

 

■モン・ドールの入荷

秋冬限定のモン・ドールは9月26日より販売開始します。

 

・モン・ドール ¥3690(本体)

秋~冬限定チーズ。エピセアというモミの木の樹皮に巻かれて熟成。

森の香りが味わえます。

熟成するとスプーンですくって召し上がれます。

無殺菌乳製。

 

 

■初秋のアルプス【ボーフォール・シャレ・ダルパージュ】

 

先日、アルプス(フランス、サヴォワ)にある取引先のトンネルカーヴや山小屋

を訪れました。

スキー場で有名なアルベールヴィル(1992年の冬季オリンピックの開催都市)にある

山のカーヴはアボンダンスやグリュイエール、ラクレットやヴァシュラン、

地元のビールで洗ったトム・アフィネ・ビエール・ウーヴロンなど以前にも増して

チーズが増えていました。

 

ある時間になるとウォッシュマン?が登場し、チーズを磨き始めます。

ここではラクレットは布(リネン)で、コンテやボーフォールはブラシを使用しま

す。

洗うモルジュ液(チーズの皮を塩水に溶かしたもの)は造り手ごとに使い分けます。

このようにしてチーズを乾燥させることなく表皮が形成されていきます。

このトンネルカーヴは冷房もせず、このままで温度13℃湿度100%に保たれているの

です。

 

今回は大きなスキー場クーシュベルにある、標高1800mの山小屋に

ボーフォールの夕方の製造を見に行きました。

初めて山小屋を訪れたのは17年前。小屋に行くには途中までは車で、

あとは高山植物の生える山の斜面をのぼります。

するとどこからかカウベルの音が風に乗って聞こえてきます。

いました、牛たち!

 

のんびーりと草を食む牛たちは小柄で足腰が丈夫です。タリーヌという

美牛(?)と、アボンダンスというキュートな牛。

 

山小屋で、製造に真剣に向き合う造り手の表情をみていると

こちらも手に汗をにぎります。

 

帰る頃には、山肌は夕陽に赤く染まり、山の牧場の夕暮れはとても美しい。

 

伝統を守るために色々な規定があるのですが、一番素晴らしいと思うことは、

人が信念を持ってチーズの仕事をするというアルパジストたちの強い心意気。

 

これからも心をこめて造られたチーズを広めていきたいと思います。

 

19年目もどうぞよろしくお願いします。